アットデンタル トップページ > 意外と知らない虫歯の原因教えます!

むし歯の原因は主に3つ!?

ドライマウスの原因

そもそもむし歯になる原因は、「むし歯菌」「糖分」「歯の質」の3つ言われ、それに時間の経過が加わることでむし歯が発生されます。
むし歯菌と言われるミュータンス菌は歯垢となって歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出す働きを持っています。その酸が歯の成分であるカルシウムやリンを溶かして歯をもろくしてしまいます。
また糖質は、食べものに含まれている糖質、いわゆる砂糖はミュータンス菌が酸を作る材料となり、間食や甘い物をよく摂る方は、歯の表面が酸にさらされる時間が長いため、むし歯になりやすいと言われています。
そして、歯の質として、個人差がありますがエナメル質や象牙質の状況により、むし歯になりやすい方がいます。乳歯や永久歯が生えたばかりのお子さんには注意が必要です。

むし歯の進行とは?

むし歯の進行度
CO(むし歯未満)

特に歯に穴が空いているわけではないが、表面が溶かされてツヤがなくなってきています。白く濁ったような感じに見えたり、薄く茶色になったりします。

C1(軽度のむし歯)

冷たい物がしみるようになります。エナメル質の下にある象牙質までむし歯が進行しています。。

C2(軽度のむし歯)

痛みはまだありませんが、歯に穴が空き始めてきます。茶色や黒ずみが見える状態になり、歯の表面にあるエナメル質がむし歯に侵されています。

C3(重度のむし歯)

歯がズキズキと痛む感じになってきます。歯の神経の近くまでむし歯が進行している状態です。

C4(最重度のむし歯)

歯のほとんどがなくなっており、根だけが残っている状態です。この状態を更に放置しておくと、根に膿を持ち、強烈な痛みを感いるようになります。。

むし菌検査 カリエスリスク

むし歯になりやすいさのことを「カリエスリスク」といいます。むし歯になりやすい原因を把握することで、むし歯予防につなげる検査です。
実は、皆さんのお口の中には、目に見えない細菌がお口の中にたくさん存在しています。むし歯菌の代表とも言えるミュータンス菌(むし歯のきっかけを作る菌)・ラクトバチラス菌(むし歯を進行させる菌)の数、唾液の量などを調べ、一人ひとりに合ったむし歯予防の計画立てていきます。虫歯菌検査を行っている歯科医院へ相談してみて下さい。

ミュータンス菌とラクトバチラス菌

大人も子供もフッ素でむし歯予防

よく、フッ素って子供のむし歯予防でしょ!と思っている方がいると思います。実は子供だけではなく、大人にもフッ素はむし歯予防に繋がるのです。
そもそもフッ素は、酸に対して強い歯の質を作り、歯から溶け出したカルシウムやリンなどの戻す働き(再石灰化)があります。また細菌が酸を作りにくくするため、むし歯を予防してくれます。
薬局などで売られているフッ素配合の歯磨き剤やうがい薬などもありますが、フッ素の濃度が低く、中には紛らわしい商品もありますので、歯科医院で歯の表面にフッ素塗布する方法が一番効果的です。約3ヶ月程度に1回ほどフッ素塗布を行うと効果的です。
また、さらにお家で行うホームケアとしてフッ素配合のジェルなどで磨くことで、よりむし歯を予防に繋がります。
フッ素塗布は歯科医院によって料金が異なりますが、約1,000円~3,000円ぐらいだと思われます。
最後にフッ素配合の歯磨き粉やジェルなどを紹介します。

  • お子様のブラッシング週間をサポートしてくれる歯磨き粉です。フッ素が再石灰化を促進し、ムシ歯の発生・進行を予防します。低研磨、低発泡、低香味のソフトペーストタイプですので長時間のブラッシングに適してます。

    子供用 DENTチェックアップ

  • イチゴやチョコ、バニラなどいろいろなフレーバーがあるリカルデント含有の歯磨き粉です。弱アルカリ性なので、酸性に傾いた口腔内環境を中性に整えて口中を浄化します。

    GC MIペースト

  • 人気の歯科用フッ化物&キシリトール配合歯磨剤!高分散性ソフトペーストと使用後の少量洗口法(Check-Up法)を可能にした低発砲・低香味により、口腔内にフッ素が保持されやすい組成

    デント チェックアップ
    スタンダード

はみこちゃんのブログ

ハミオくん歯科取材日記

Copyright© 2014 ATDENTAL All Rights Reserved.