アットデンタル トップページ > 今話題のヒアルロン酸注入について

ヒアルロン酸って何?

ヒアルロン酸は、実は牛の目から発見されたと言うことはご存知でしょうか?
1934年コロンビア大学のカールマイヤー博士らが、牛の目から発見されました。
その後研究がすすみ、私たち人間のカラダ(目、皮膚、関節など)にもヒアルロン酸が存在し、重要な働きがあると分かりました。
私たちのカラダは、約60%が水分で作られています。水分が失ってしまえば、干からびてしまい、生きてはいけません。
そのため、ヒアルロン酸が大きな活躍をするのです!

ヒアルロン酸の特徴1: 優れた保水力&クッション性

ヒアルロン酸の特徴1

ヒアルロン酸は、1gで約2リットル~6リットルの水分を蓄えられると言われています。保水性があり、皮膚の中でみずみずしく、しなやかさを作り出しているのです。
そして、皮膚は体の中にある半分のヒアルロン酸が存在しております。
すなわち、ヒアルロン酸の多い皮膚は水分が十分に保たれ、皮膚の表面が潤っている状態になります。逆にヒアルロン酸が少ないと水分が少ないため、ハリが保てなくなり、皮膚の表面も乾燥していきます。
さらにヒアルロン酸を水に溶かすと高い粘膜が得られ、膝(ヒザ)の中でクッションの役目や潤滑剤の役割を果たしています。当然、少なくなるとカラダの動きが悪くなり、ケガをしやすくなったり、骨が削られてしまうことで関節炎に繋がるとも言われています。

ヒアルロン酸の特徴2:化粧品だけではなく、医療品や食品にも!

注目のヒアルロン酸は、実は医薬品や化粧品、食品など様々な用途に利用され、用途ごとにより効果的にヒアルロン酸を活用できるよう日々研究や改良が重ねられています。

ヒアルロン酸には様々な物に使われてます title=

ヒアルロン酸の機能:40歳後半から減ってしまう!?

ヒアルロン酸は40代後半から減少

ヒアルロン酸は、私たちの体を形づくる、健康と美容にうれしい成分。でも実は、体内のヒアルロン酸量は40代後半を境に、減少していくことがわかっています。70代の大人の皮膚に含まれるヒアルロン酸量は、赤ちゃんのわずか1/5。ある程度の年齢に達したら、意識的に補うのがおすすめです。

歯医者さんでヒアルロン酸注入ができます!

若いうちは体内とヒアルロン酸量も豊富なだけではなく、コラーゲンやエラスチンといった物質も豊富で、みずみずしく、ハリのある、ツヤやかな肌を維持しています。
しかし加齢と主に女性ホルモンが減少し、それら物質はどんどん減ってしまいます。肌の機能低下(たるみやシワの原因)にも繋がります。そこで、活性ヒアルロン酸と同成分をお悩みの部位に定期的に注入うすることで、老化を防ぐことができます。
今は、歯科医院でも口の周り、ほうれい線のアンチエイジング治療が可能になりました。歯科口腔外科の治療領域対象となる部位のみ、ヒアルロン酸によるアンチエイジング治療が話題になっています。
下記のヒアルロン酸注入剤は、患者様が改善を希望される部位やシワの程度に合ったヒアルロン酸を使用します。
ヨーロッパNo1のメーカーial-system(フランス制)を始め、安全性の高い、高品質のヒアルロン酸注入剤です。患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間など様々な高い評価を得た下記のヒアルロン酸ブランドをご指定の上、歯科医院にてお受け下さい。
>>>下記の高い安全性と高品質のヒアルロン酸注入ができる歯科医院リストはこちらです。

ヒアルロン酸注入剤

ヒアルロン酸注入による効果

ヒアルロン酸症例 ヒアルロン酸注入ができる歯科医院リスト

はみこちゃんのブログ

ハミオくん歯科取材日記

Copyright© 2014 ATDENTAL All Rights Reserved.